大人ニキビができてしまう原因と正しいケア方法

大人ニキビは、肌の乾燥や肌の代謝が低下などが主な原因と考えられています。生活習慣や食事などを改善することで肌対策をしましょう。
また、化粧を落としたり、洗顔などでも大人ニキビの原因になる場合があるので、しっかりと肌ケアすることが大切です。

大人ニキビはなぜできてしまうのか

思春期にニキビはできやすいものです。しかし、近年では大人になってからもニキビができてしまうこともあり、大人ニキビに悩んでいる方も増えているといわれています。
思春期の場合は、過剰に分泌されてしまう皮脂が毛穴に詰まることで、ニキビとなりますが、大人ニキビの場合には、原因が違います。
大人ニキビがどうしてできてしまうのかというと、肌の乾燥や角質の古くなったものが蓄積したものが主な原因といわれています。
肌が乾燥してしまうことで、角質が堅くなり毛穴をふさいでしまう場合や、また肌の代謝が低下することにより、古い角質で毛穴をふさいでしまい、その毛穴でアクネ菌が繁殖、炎症を起こすことで大人ニキビができてしまいます。

大人ニキビを改善するために

綺麗な肌を取り戻す

大人ニキビは肌の乾燥や代謝が低下するのが主な原因ですが、その状態を作ってしまうのは、日常生活が原因と考えられています。
睡眠不足など生活習慣の乱れや、精神的ストレスなどによるホルモンバランスの乱れが肌に悪影響を与えてしまうのです。
そのため、生活習慣を改善し、出来るだけ規則正しい生活を送れるように心がけ、ストレスなどもなるべく抱えこまないように解消することが大切です。
また、ニキビを予防するために必要な栄養を食事によって摂ることも重要なポイントです。ビタミンやミネラルが不足しないよう、しっかりと食事で摂れるように心がけるといいでしょう。また、食事の偏りは肌に悪影響になりますので、注意しましょう。

大人ニキビに対しての洗顔

化粧を落としたり、また洗顔などで強くこすったり、洗いすぎることで肌にダメージを与えたり、大人ニキビの原因をつくってしまう場合もあります。化粧を落とす時は丁寧に落とさないと、化粧が残ってしまうことで、それが毛穴を詰まらせる原因になる場合もあります。しかし、あまり強くこすったりしてしまうと肌自体にダメージを与えてしまいますので、適度に落としましょう。また、洗顔などでも洗いすぎてしまうことで肌の乾燥などを招いてしまう場合がありますので、ぬるま湯などで適度に洗い流す事が大切です。
生活習慣や食事、また化粧品などによる肌ケアなど見直して、しっかり改善することで大人ニキビ対策をしましょう。