Tゾーンにニキビができてしまう原因と正しいケア方法

Tゾーンはニキビができやすい場所です。
その理由は、ニキビは詰まった毛穴に皮脂がたまり、皮脂を好むアクネ菌が発生することで起こるのですが、Tゾーンは皮脂分泌が盛んな場所だからです。
そのため、洗顔・保湿と原因を知って対策をとることが改善につながります。

Tゾーンはなぜニキビができやすいの?

綺麗な肌でハッピーに

ニキビができやすい場所としてTゾーンとUゾーンがあります。
そして、10代の思春期の時期にできる思春期性のものと、それ以外の時期にできる大人ニキビに分類されます。
Uゾーンは主に大人になってからのものに多いのですが、Tゾーンは思春期性のものと大人のものと両方に該当するという特徴があります。

では、なぜTゾーン、つまりおでこから鼻、その周辺にかけての位置にニキビが集中してできるのでしょうか。
それは、汗をかいたときに額や鼻の頭から多く出てくるように、もともと皮脂の分泌が盛んな部位だからです。

しかし、なぜ皮脂が分泌だとニキビができやすいのでしょうか。それには発生のメカニズムを知る必要があります。

メカニズムを知ることで対策を練ろう

目指せつるつる肌

ニキビ発生のメカニズムは、毛穴に汚れが詰まり、本来は毛を通じて外に排出されるべき皮脂が毛穴の中に詰まってしまうことで起こります。それだけなら白くプツプツしている状態なのですが、詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖することで炎症を起こし、赤く痛みを伴う状態になります。
そして、そのアクネ菌は皮脂が大好物なのです。
そのため、皮脂の分泌が盛んなTゾーンにできるニキビは炎症して赤い状態のものが多いのです。

このようなメカニズムを元に対策を考えると、Tゾーンのケアには二つの対策が必要となることがわかります。
一つは、皮脂の分泌を抑えて、アクネ菌を繁殖させづらい状態にすること。
もう一つは、毛穴のつまりを防ぐこと、です。

具体的な対処法について

Tゾーンは皮脂腺が発達している部分ですので、皮脂を大きく抑えることは難しいです。
油とり紙や日に何度も洗顔すると、肌は余計に皮脂を分泌しようと頑張ります。そのため、回数を増やすのではなく、朝晩の洗顔・クレンジングをしっかり行うようにします。
また、頻繁な洗顔は肌の乾燥へとつながり、乾燥肌は角質や毛穴が硬くなり余計に毛穴が詰まりやすくなります。
逆に保湿して肌を柔らかくすることで毛穴が詰まりづらくなるので、朝晩しっかり保湿を行います。
また、皮脂分泌をコントロールするビタミンBやビタミンCを意識して接種することも大切です。
一方、Tゾーンニキビは自律神経の乱れが影響していることもあるので、十分な睡眠を取ることで改善につながります。