ニキビの常識、アクネ菌について

ニキビはお肌のトラブルです。症状が軽い場合も含めると、成人の90パーセント以上の人がこの病気を経験したことがあると言われています。
思春期男女がかかることが多いため青春のシンボルとも言われますが最近は成人の発症率も高いです。

ニキビの原因、アクネ菌とは

人気のニキビケア

ニキビの原因はアクネ菌という細菌です。アクネ菌は普段から人の体に住み着く常在菌で、肌の質を高めてくれる大切な働きを持っているのです。常在菌であるがゆえにすべてなくしてしまうことは不可能ですし、もしも完全殺菌すれば肌への悪影響を及ぼしてしまうのです。そのためニキビになったからと洗顔をマメにやりすぎると返ってお肌をいためてしまうことになってしまいます。

ただ、皮脂の分泌が盛んになりすぎて、皮脂が皮膚の中に溜まってしまうと、皮脂を好むアクネ菌が異常発生するのです。そうすると炎症が起こり、ニキビになるのです。皮脂が詰まることがなければアクネ菌の異常発生はなくニキビにもならないのです。

思春期ニキビと大人ニキビ

毛穴が皮脂で詰まることでニキビになるのですが、思春期になることが多いのは性ホルモンの変動で皮脂が過剰に分泌されてしまうからです。ホルモンバランスが整ってくると自然と出来なくなっていきます。
皮脂の量と水分量を適度に保つことが肝心です。

ただ思春期ニキビとは違い、大人になってから出来る人も増えています。大人ニキビの原因は一つに絞ることは難しいです。スキンケアの方法や化粧品の成分が原因のときもありますし、不規則な生活や食習慣・ストレスの場合もあります。まずは生活習慣全般を見直すようにし、ストレスのない生活が送れるよう心がける必要があります。

思春期ニキビはTゾーンに、大人ニキビはTゾーンに多くでます。

もうニキビを気にしない

アクネ菌対策について

アクネ菌対策として一般的なのは洗顔です。余分な皮脂や汚れを除去してアクネ菌をこれ以上繁殖させないようにするのです。ただ過剰な洗顔は必要なアクネ菌まで奪ってしまうのでやめましょう。
また、ごしごしこすっていると肌にダメージが与えられかえって悪化させてしまいます。しっかり泡立てて正しい洗顔を心がけましょう。

大人ニキビだけでなく思春期ニキビも食事や運動など生活習慣も原因の一つになっていることもあります。アクネ菌対策だけでなく生活習慣の見直しもしましょう。油分の多い食事ばかりとったり無理なダイエットを繰り返したり、夜更かしばかりしていると思春期時代も大人時代もずっとニキビに悩まされることになってしまいます。