鼻にできるニキビの原因と正しいケア方法

鼻ニキビは目立つこともあり、できる限りできないでほしい存在です。
そのためにはケアや予防が必要となりますが、まずは鼻の構造やニキビの発生メカニズムを知ることで、より効果的な対策を練ることが重要なのです。

ニキビ対策、何から始めるのが効率的?

ニキビ対策を万全に

ニキビは小さな大きさですが、できると気分が沈んでしまう大きな存在です。
しかも、それが顔の中心である鼻にぷっくりとできてしまった日には、髪で隠すこともできないし、なんとかして早く消えてくれと誰もが心から願うのではないでしょうか。
鼻ニキビはたとえ一つであっても顔の印象が大きく変わり、自分でも他人からも目についてしまいまうため、最もできてほしくない場所です。
しかし、残酷なことに鼻というのはニキビができやすい環境なのです。
そのため、ケアや予防をしっかりするためには、まずはその発生するメカニズムを知ることが重要となり、逆にメカニズムを知ることで鼻ニキビに悩まされる確率がグンと下がるのです。

発生メカニズムを知ろう

まず、ニキビというものは毛穴が詰まってしまうことで、そこに皮脂がたまりコメドという白いプツプツした状態になります。これが初期の状態なのですが、そこに皮脂が大好物のアクネ菌が繁殖して炎症すると赤く進行した状態になります。

毛穴が詰まる原因は、乾燥で角質や毛穴が硬くなり汚れが詰まりやすくなることや、クレンジング不足で肌の汚れが蓄積していたり、紫外線を強く受けることでターンオーバーが正常に機能しなくなることが大きな原因です。
また、鼻は他の部分に比べて毛穴が深く、汚れがたまりやすい構造になっています。加えて、鼻は皮脂分泌が盛んな場所なので、ニキビにとっては格好の条件がそろっているのです。

ケアと予防はどうすればいい?

ニキビを正しくケアしよう

このような理由で鼻ニキビができるので、ケアや予防としては、まずは毛穴を詰まらせないようにすることが大事です。
小鼻の脇に汚れがたまりやすいのでしっかりクレンジングをすることが大切です。
また、鼻は構造上前へ出ているので紫外線を受けやすいので、パウダーなど油分の少ないUVカット化粧品でケアすることも大切です。
そして、ホルモンバランスの乱れから皮脂分泌が盛んになることが多く、十分睡眠を取ることでホルモンバランスが安定するので、規則正しい生活を送ることも大事な予防です。

鼻の角質をはがすタイプのパックを頻繁に行うと皮脂腺が刺激され、余計に皮脂分泌が盛んになりますので、パックで汚れを取るよりも優しい泡でしっかり洗う方がおすすめです。