お尻ニキビができてしまう原因と正しいケア方法

お尻は刺激を受けやすい場所ですから、お尻ニキビができてしまうと痛いですし、なかなか治らないと悩まれる方は多いです。お尻ニキビが出来てしまう原因と正しいケア方法を知って、スピーディで適切なケアをしましょう。

お尻にニキビが出来てしまう原因

ニキビをケアして美肌ゲット

お尻にいったんニキビができてしまうと治りにくいです。それはお尻ニキビのできてしまう原因と関係があります。お尻ニキビができてしまうのは、蒸れや摩擦、体重などにより受けることとなる刺激だからです。お尻は洋服で隠れている部分ですから、蒸れないようにするのは大変ですし、衣類などによる摩擦も避けることができません。座ったりすれば刺激を受けることになります。お尻は摩擦や蒸れを避けるのは難しいことです。また、長時間座って仕事をするなどの場面ではお尻に汗をかいてしまうので蒸れやすく雑菌も繁殖しやすくなるためお尻ニキビが悪化しやすくなります。そのためお尻ニキビはできないように予防することが大切ですし、できてしまったときには早く治すことが必要です。

お尻ニキビを治すためには

お尻ニキビを治すためには、つぶさないことや刺激をなるべく避けること、清潔にすること、保湿をすることなどがあげられます。
ニキビをつぶすと跡が残りやすくなります。お尻ニキビを治すためには、つぶさない様にしましょう。摩擦や刺激を極力おさえ、悪化させないようにしましょう。体重による負荷を軽減するために長時間座っていなければいけないときにはクッションを使うなど工夫をしましょう。
清潔に保つことも大切です。そのためには、蒸れないようにすることも大切です。通気性のよいものを使用するなど蒸れないようにしましょう。下着や衣類の素材やデザインにも工夫をするとよいです。専用のクリームなどを使って保湿をするのも効果的です。

お尻ニキビ対策の効果

ニキビの悩みを解消

ニキビは刺激を受けると悪化します。それは、お尻ニキビも同じです。つぶさないなど、刺激しないようにしましょう。雑菌が繁殖するとニキビは悪化しますので、清潔にすることも大切です。お尻を刺激から守るのは大変ですから、蒸れないように天然素材の下着を使用したり、摩擦を軽減するような服を選ぶということも効果があります。洗うときにも優しく洗うようにしましょう。お尻ニキビもニキビですので、乾燥はよくありません。保湿をするのが良いのですが、お尻の皮膚は厚いため、顔用のクリームでは浸透力が足りないという場合も考えられます。お尻専用やボディ用の浸透力の高いクリームなどを使ったほうが効果を期待できます。